--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005.03.28 母と倉庫
家の母は家計簿をつけているので、FF11の明細書とかもがっつりチェックされている(親の口座から引き落とし)
あ、言っとくけどちゃんと毎月1500円くらい、払っていますよ。
たまに安くしてもらっちゃってるけど。

まぁ、それで倉庫キャラクターとか作るといきなり次の月に100円増えていて、母的に「何コレ!?」な状態になるので、倉庫キャラクターについて説明をしています。
これがまた容易ではないんですよね。
メインキャラは1280円(だっけ?)なのになんでサブキャラにしたら100円になるの!?寧ろ、倉庫キャラって何!?
とか、色々突っ込まれてさぁ大変。


んで、話は変わって…バイト帰りに図書館にいって、本を借りてきました。
人気がなく、古い本だったので普通のカウンターにはなかったため、図書館のスタッフの方に頼んで保管されている場所からとってきてもらった。

家に帰った時間が告げていた時刻より遅かったのと分厚い本を持っているのがめずらしい、と母が言ってきたので
「図書館いったんだけどこの本、倉庫に入っててとってもらうのに時間がかかった」
と言うと…


「ああ、今やってるゲームの本ね」


だって。ぜんぜん違うのに。
「違うよ、普通の物語だよ。」
といってみると、
「だって、倉庫っていうから…」
ってさ。


まさか母親が”倉庫”という言葉に反応するとは思わなくて一人で大爆笑してしまいましたとさ。
スポンサーサイト
2005.03.24 ●●チョコ
高校の頃の部活の集まりがありました。
あんまり集まってなかったけど…9人…って…。
ま、仕方ないか。皆忙しいんだよね。うん。
その日は久しぶりになんと…
あの、不思議ちゃんに出会えました~~~!!
ひゃっほい!ひゃっほい!

で、不思議ちゃんのTシャツが素敵だったので撮影させていただきました。
ちゃんと許可をとって此処に載せておりますので。
顔をうつさなければ大丈夫って。平気です、自分もそこまでひどいことはしません。しません。

トロになりたい、なんていってたこともカルボナーラの事もすっかり忘れてしまっていましたが…orz
あ、でもチョコレートのことは覚えていました。
そこで、こんな話をしました。


部員A「そーいやこの前ホワイトデーだったけど、何あげればいいもんなの?」

B「オレ普通にキャンディー貰った」

C「私、酒あげたからお酒で返されたwwwすっげー嬉しかったw」

僕「(えーっと、何にもなかったから…と^^^^^;;;;)あ、あぁ、そうそう、不思議ちゃんは何あげたの?チョコ。」


不思議ちゃん「え、うん、えっとねぇ、今年はちくわチョコあげたのv」



一同「ちくわチョコ??」

そう、あの、あのちくわにチョコをコーティングさせたものをあげたと言うのです。あの子は。

部員B「そうだ、そういえばオレ、ギリチョコで高3の時よっちゃんイカチョコ貰ったよ。」

僕はネタだと思った。賞味期限が切れたレアチーズチョコレートの方がずっと、ずーーーっといい。寧ろ、あたりだったんだ…。
おいしかったから。賞味期限切れてるけど。
よっちゃんイカチョコはとても不味かったそうな。
ちくわチョコも、見た目はチョコバットみたいでいいけど食べたら不味いらしい。

不思議「来年はハンペンチョコにする!マシュマロ感覚でおいしそうだし。」


いいから、お前は自身の舌で味を確認しろ。
2005.03.12 服屋ってびびるわー
ひいーっ
積極的で、びびっちゃいます。(←ビビリ杉

今日も学校へ行く前にちょっと服屋にたちよりました。
そこで、ズボンをふと手に取ると…
さあ、やってきました女性店員さんです。
後ろにいる!ひぃい!!

「その色いいですよね~」

いけない、無視してはいけない…どうにか答えるんだ!!

「そうですね…」

精一杯でした。

「お客様、今日は随分カッチリとした格好ですね。何かの帰りですか?」


ちなみに本日は白のワイシャツに茶色い革のジャケット、黒の綿パン…
まるで入学式にでも七五三にでも見えたのでしょうかね。

でも…

「ごめんなさい、何も無いです。」


…とりあえず謝罪してしまいました。どこまでビビリなんでしょうか。しかも普段着と言えばいいのに…。

「…つまり、特に意味なくそのような格好なんだ。」

「すみません、意味はありません。」

「いつも、そういう格好してるんですか~?」


いえ、別に仕事とかではなくて…というか、学生で…



いや、もういいや。メンドクサイ

「ええ、いつもこんな格好です。」



「あ、こちらのズボンはいかがですか?今着てるジャケットとあわせてもいい感じですよ~」

おねがいです!!もうジャケットから話題を変えてください!!!

「それから…こちらの上着なんかも…」

店員さんが一枚の上着を持ってきた。

「触ってみて~。いい感じの布ですよ。」

触るんですかー!!
というか、それだけ言ってあとは放置プレイさせられました…


(あのぉ… この服は…どうすればいいですかー……)

とりあえずそこら辺においていきましたとさ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。